上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2週間程前のこと、腐葉土を自給するために積んだ落ち葉の山、その山のてっぺんに
作った猫召還サークル。

DSCF2535_convert_20141217210818.jpg

その後どうなったかと言うと…

DSCF2544_convert_20141217211019.jpg

こうなりました( ^ω^ )ノ

DSCF2543_convert_20141217211005.jpg

召還し過ぎw

いったい何匹いるのか?
ええっと、ひいふうみい… ……

DSCF2542_convert_20141217210943.jpg

ちょwこっち見んなwww

積んだ落ち葉から放熱される発酵熱に猫団子の体温が合わさって、暖かいんでしょ
うねぇココ。

*********

ところでこれは蛇足なんですが、写真に納まっている猫はすべて避妊・去勢済みです。
スポンサーサイト

本日4件目の記事

2週間程前の撮影

今年も拾ってきた落ち葉を積んで腐葉土を作る事にしました。

今年集めた落ち葉はケヤキ7:クヌギ3くらい。あとは分量外的にイネ科雑草の枯れ
草少々、ってとこかなぁ。

DSCF2530_convert_20141217210710.jpg

落ち葉をトンブクロに入れて踏み固める。

フミフミフミ〜

DSCF2527_convert_20141217210621.jpg

水をジャブジャブかけてから、近くのコイン精米機から貰ってきた米ぬかをまぶし。

DSCF2528_convert_20141217210636.jpg

発酵促進剤(コーランネオを使用)をふりかけ。

DSCF2529_convert_20141217210656.jpg

前回作った腐葉土の余りで表面を覆う。

この腐葉土、きっと繁殖した菌や微生物の巣窟だと思うのよ。良いスターターに
なるんじゃないかなぁ多分。

以下これを繰り返して、トンブクロ内にて落ち葉の層を形成。

DSCF2531_convert_20141217210723.jpg

雨よけ兼、保湿兼、トンブクロ劣化予防の紫外線除けを兼ねて青いレジャーシート
でトンブクロを覆って重しをしたら、腐葉土製作の第一段階完了。

今年は落ち葉の量をやや控えめに積みました。
去年は集めた落ち葉400リットルちょっとだと思っていた材料が、実際には1000
リットルくらいあって、これの扱いに困ったから(切り返し作業の労力とか、追加の
発酵補助用の米ぬか確保とか、発酵分解により最終的に半分以下の嵩にまで減って
出来上がった腐葉土の余剰分、約250リットルの貰い手探しとか)w

DSCF2535_convert_20141217210818.jpg

重しの配置でちょっと遊んでみましたよ。

前回積んだ落ち葉の上にも、発酵熱を目当てに野良ねこが暖をとりに集まっていまし
たが、(もしまた来るのであれば)今年は更に居心地よく工夫してみましたよ。

使い古しの用土・堆肥袋をぐるっと環状に配置。

いでよぬこ!

猫召還サークルへ!

最近ネット上で流行ったじゃないですか、地べたをテープでクルンと囲うと、その囲
い内に猫が入り込むと言う、狭い場所に猫がハマる習性を利用した愛すべきアレ。

これに作りかけ腐葉土の発酵熱が加われば、このサークル最強じゃね(野良ぬこ的に)


本日3件目の記事

これ編み始めたの9月初め頃だったんですが。途中何度も飽きて中断している内に
師走になってもーたw

DSCF2495_convert_20141210211434.jpg

ストールの完成品としての編み図はありませんが、本体は日本ヴォーグ刊行「かぎ針
編みパターンブック300」よりフラワーイメージの模様285番、短辺側の縁飾りは同
書パイナップル編みの模様235番を参考にしています。

長辺の縁は補強を兼ねて細編み9目と3目ピコットの連続。

DSCF2537_convert_20141217210835.jpg

飽きて中断しがちになった主な原因は、本体の作り目の方向にあるのでした。

長方形の長辺側から本体の編み上がり時150cm分の作り目をしたため、編んでも
編んでもちっとも編み進んだ気がしない('A`)アミジガヒロガラナイヨー?

短辺側から編むのと違って延々段が変わらないため、編み方になかなか変化が訪
れない('A`)ツギノダンマデアトナンビャクメー?

でも苦労?のかいあって編地に面白い効果が出ましたよ。縦方向にストライプの凹
凸。棒針編みのゴム編みみたい。

他にはこのポコポコ感を強調するために、模様の長編みの前後の細編みをギュっと
絞って長編みの模様部分を裏側に出っ張らせてあります。

DSCF2497_convert_20141210211502.jpg

短辺側に縁飾りのパイナップルを編み付ける作業は一服の清涼剤のようでした。
あー目に見えて成果が現れるってサイコー。

本日2件目の記事

2014年はほとんどカメ関係の更新がありませんでしたが、みんな元気にしていま
すよ。

DSCF2532_convert_20141217210737.jpg

先週冬眠・越冬の体勢にはいりました。

トロ舟をウレタンシートの上に乗せ水位を上げたら周囲をエアキャップで3重巻き、
上をプラトタンで覆ってブロックで重しをしたら凍結避け完成。

これでもうんと寒い日には薄氷が張るから、まめに様子を見に行きます。

DSCF2533_convert_20141217210750.jpg

ちょっと覗いてみました。

あ、トタンをゴソゴソやってたらうす目を開けましたよ。これはアカミミ2号。
奥に沈んでいるのはクサガメ3号。

DSCF2534_convert_20141217210804.jpg

陸場の反対側でジっとしているのがアカミミ1号。

みんなおやすみ〜。
2015年に目を覚ますのは、3月下旬〜4月頃です。

12月も半ばになると、色んな種類の花の球根が投げ売りになりますなぁ。

今年も切り花用の花を育てようと、定価の半額程になった球根を漁ってきましたよ。

DSCF2538_convert_20141217210853.jpg

写真のは全てチューリップで、80球あります。

これ全部で税込み1600円だったもんねー。

DSCF2541_convert_20141217210924.jpg

空いているポリトロ箱やらプランターやら総動員して植え付けました。

目的は切り花の収穫なので、球根の植え方に審美的要素なんて考慮していません。
千鳥にぎっしり植えてあるだけ。

DSCF2540_convert_20141217210912.jpg

ちょろっと顔をだした芽。

植え付け時期が遅かったので、ビニールで覆っておきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。